2012年初書き込み

超遅い、あけましておめでとうございます、です。

今年はブログをもっともっと更新していこうかなと、
新年早々、でもないけど、なんとか1月のうちにこうして宣言、
みたいな、そんな気持ちで、はじめたいということで、
どうかひとつ、よろしくお願いいたします。

ということで、一富士、二鷹、三茄子。
2012年初の写真は、富士山でいきましょう。
この富士山、今日の富士山です。
朝日なら収まりがいいものの、夕日と富士山ですが(汗)。

さてさて、富士山に思うことを少し書いてみたいと思います。

富士山といえば、誰もが知っている日本一高い山ですが、
そんな富士山も、ここ東京では毎日見られるというものではありません。
冬の空気が澄んだ寒い日にはちょくちょく見られますが、
夏場はほぼ見えない、富士山はそんな貴重な存在なのです。

ということもあって、富士山が見えるとなんだか気持ちがうれしくなって、
つい「あ、富士山!」と、見つけた瞬間に周りの人に報告しちゃいます。
これ、子供のころからの習慣ですよね。いまだにいっちゃいますから。

なんでいっちゃうんだろうなぁ、と。
いったとこころで、何かがもらえるわけでもなく、
また自分の情勢が有利になるとか、そんなんでもなく、
とにかく見たらいいたくなってしまう、サガのような気さえします。

じつはこれがつぶやきの原点ではないかと、近ごろ思うしだいです。
なんで人はいちいちTwitterでつぶやくのか?
まぁ、それを紐解くつもりもまったくないのですが、
はっきりといえるのは、そういうサガに寄り添ってくれるツールは、
やっぱりみんな使うよね、ということでしょうかね。

それはさておき、富士山の次の話になるのですが、
日も沈み、キレイだった富士山も見えなくなって、
あたりが暗くなってきたかと思ったら、今日は三日月!

富士山と同様に、月もまんまるな満月だったり、
見事な三日月だったりすると、
やはり見た瞬間に「あ、三日月!」っていっちゃうし、
報告者しちゃいます。

今日は宵の明星・金星のすぐそばを三日月が通るという、ダブルな輝き。

満月も三日月もつぶやきますが、半月はちょっとつぶやきにくい、
ちょっとかわいそうな立場ですよね……。

そしていまだにつぶやくもの。じつは結構あることに気がつきました。

たとえば、飛行船。見たら必ず「あ、飛行船!」っていってしまいます。
子供のころは、飛行機やヘリコプターでもいってました。
でもオトナなので、さすがに飛行機やヘリコプターではいいませんが、
残念ながら「あ、飛行機雲!」は、いってしまいます。

高速を走っているとき、
「あ、自衛隊!」って、自衛隊の車はいってしまいます。

あと「あ、カウンタック!」も、かな。フェラーリはいわなくなったかな。

車つながりでいうと、「あ、女性の運転手!」ってタクシーを指さします。
ちょっと性差別ですね。ごめんなさい。でも、発見するといっちゃうよね。

海や川で魚が跳ねると、「あ、魚!」っていっゃうし、
電車に乗っていて海が見えると、「あ、海!」っていってしまいます。

んー、いろいろといってるなぁ。

「あ、虹!」もいうし、「あ、天気雨!」も、いうよね~。

きりがないですね……。

東京には、東京都汽船という観光名所を巡る、
水上バスが水路を行き来しています。

で、その水上バスなんですが、結構、いろいろなデザインの船があり、
たまに隅田川あたりを散歩していると、さまざまな水上バスを見かけます。
これをまた眺めているのが楽しいのですが、
一隻、ちょっと変わった形の近未来的な船を見かけるときがあります。
その名をヒミコといって、なんとデザインは、
あの漫画家の松本零士先生なんですねー。

私は、そんなヒミコを見つけると、
「あ、ヒミコ!」っていってしまうんですねー。

先日、豊洲のららぽーとに行ったときのことです。
ららぽーとの船着き場のある広場に行ったら、なんとこんな光景が!
停泊するヒミコに、右上にはかすかに富士山。

「あ、ヒミコ! ああ、富士山も!」

一石二鳥、ならぬ、一隻二鳥でした。

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

Pocket
LINEで送る