桜と東京スカイツリーと永井荷風

永井荷風の『放水路』という小説(紀行?)に、
深川の高橋(たかばし)から行徳へ船で遊びに行くというくだりがある。
高橋から小名木川を通り、そして荒川放水路へと出る、
たわいもない話だけど……。

この写真は、
小名木川に直行するように流れる大横川から望む東京スカイツリー。

もし荷風が今の時代に船遊びをしたとしたら、
きっとこの光景を目にして、そして小説に書いたに違いない。
まぁ近代的な風景を、褒めるよりも嘆いていたかもしれないけれど。

小名木川周辺の桜の並木だったら、褒めてはくれるかな。

奇しくも高橋も、
車で都心に出るときや、その帰り道は、
いつも小名木川脇の裏道を通り帰る。
じつは、あの震災のときも、茅場町から森下、
そして深川の高橋、そこから小名木川脇を歩いて帰り、
荒川手前で、荷風とは逆に上流へと向かい、
家に帰ったのだ。

そんな高橋は、あまり人には言ったことはないけれど、
じつは荷風のような生き方に憧れる。
たまたま偶然、
昔から『放水路』の小説と同じ道をたどっていた高橋は、
あとからそれを知り、
ますます荷風に惹かれるようになったのだ。

この写真、この風景を撮るときも、
もちろん荷風を思いながら撮り、そして小名木川を眺めては、
いつも荷風のことを思いながら帰るのだ……。

誰にもいったことはないけれど、
これもおそらく高橋のアルゴリズムに違いない。

Pocket
LINEで送る